ブレードPC方式は、既存のパソコンのアプリケーション資産がそのまま継承できます

ブレードPC方式では、ユーザーは表示部にシンクライアントを使用し、演算部は、ブレードPCという板状のPCがデータセンターのシステムラックに集約されています。シンクライアントとブレードPCとの間は、ビットマップの画面情報を送信する画面転送方式を採用します。

最大の特徴は、ブレードPC部分には通常のパソコンと同じコンポーネントを用いていることです。OSやアプリケーション、各種ドライバなどすべてが通常のパソコンと同じものを使用するため、パソコンからシンクライアント・システムへ移行する際に、既存のアプリケーション資産をそのまま継承できます。

アプリケーションの動作検証などの作業がほぼ省略できるため、運用開始までの期間が短くて済むというメリットにつながります。

ブレードPC方式は1台のパソコンを物理的に分離させた仕組みであり、シンクライアントとブレードPCは「1対1」で接続されます。

そのため、ユーザーはブレードPCのリソースを占有することができ、ほかのユーザーからの影響は全く受けることがありません。障害の際にも、影響を受けるのは1ユーザーに限定されます。問題の箇所が明快なので原因究明や対処も容易です。

サーバーベース方式仮想PC方式と比較した場合、共有型でないために、同時に使用するユーザーの数だけ、必ずブレードPCを用意しなければならないというデメリットもあります。それでも通常のパソコンと比較すると、はるかに効率的に利用することができます。

ブレードPC方式は、表示部のシンクライアントと、演算部のブレードPC、そして記憶部をストレージに分けて運用しているので、通常全員分のブレードPCを用意する必要はありません。最大の同時利用者数を見積もって、その数だけブレードPCを用意すればよいのです。

管理の対象となるハードウェアが増えるため、管理工数もそれに伴い増えるといわれることもあるが、実際にはそれを補う管理ツールがあるので、効率的な作業が可能です。この管理ツールの操作性の良し悪しが、運用工数低減に大きく影響します。